So-net無料ブログ作成

同僚の傘で目を突き刺された。滝島善也さん死亡 [ニュース]

スポンサーリンク




JR東京駅近くの路上で6月に口論になった同僚の男から傘で目を突かれた男性が意識不明の重体と
なっていた事件で、警視庁丸の内署は12日、男性が入院先の病院で11日に死亡したと発表した。

丸の内署によると、死亡したのは相模原市緑区下九沢の会社員、滝島善也さん(55歳)
死因は、目に刺さった傘が脳まで達したとして、司法解剖して詳しい死因を調べる。

容疑者は、6月27日会社の飲み会の帰りに口論となり滝島さんを傘で叩いたとして、傷害容疑で
同僚の福西恭志容疑者(54歳)を逮捕していた。
容疑者を傷害致死に切り替えて、調べている。
出典:産経新聞

どんな口論があるにせよ、傘で目を突き刺すなんてありえないと思います。

私の考えは、人間生きている以上(被害者、容疑者)になりうる要素があると思います。

例えば、
Aさんの価値観で話をするとします。
しかし 受け取る側の解釈次第で殺意が芽生える事があるのではないのかなと思います。

今は、精神病と診断されていなくても、精神疾患 予備軍の人はいると思います。
犯罪者は、まともな精神状態ではないので犯罪者=精神疾患と言えると思います。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © トレンディー情報局 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。